釣りがきっかけでついに結婚しました

私は先日44歳にして初めて結婚しました。独身生活を続けていくんだろうと家族や友人達も思っていたのですが、いい意味で期待を裏切りました。おまけに妻は24歳と20歳も年下です。
私の趣味は釣りで、全国に週末や長期休暇を利用して釣りに出かけていたのです。翌月曜日の出社時に、同僚に釣果の写真を見せるのが習慣となっていました。そんなある日アルバイトで妻が入社してきたのです。妻も父親の影響で釣りが大好きで、私の話を興味津々に聞いていました。すると妻が「私も今度連れて行ってほしい」と頼んできたのです。私は二つ返事で了承し、その週末に二人で釣りに出かけたのです。
さすがに泊まりがけでは無理なので、早朝に地元の渡し船で防波堤に渡って本格的に釣りが楽しめる釣り場に連れて行きました。妻の腕前はなかなかなもので、チヌやグレを見事に釣りあげていきます。私も負けじと釣り上げていったので、クーラーにいっぱいの魚を持ち帰ったのです。それ以来妻と頻繁に釣りに行くようになりました。そしていつからか妻の父も来るようになったのです。こうなったら結婚までは時間の問題でした。私達は結婚式のお金も釣り旅行に回し、釣りを楽しんでいます。